※本ページはプロモーションが含まれています

未来への一歩:50代からのキャリアアップを叶える国家資格キャリアコンサルタントへの道

学び

アラフィフや50代の皆さん、あなた方は仕事での経験を豊富に積んできた世代です。

昇進試験や転職、採用試験の面接官経験など、さまざまな経験を抱えていることでしょう。

あなたのキャリアは、これからの未来を豊かにする財産なのです。

あなた自身の経験を活かし、新たな一歩を踏み出す時が来ているかもしれません。

50代からは、その積み重ねた「経験」を武器に、自身のキャリアアップを追求し、社会へ還元する新しい生き方を模索してみませんか?

今回紹介するキャリアコンサルタント資格は、その一つの可能性です。

この国家資格を得ることで、あなたの経験が新たなキャリアの扉を開く手助けとなります。

転職はもちろん、副業や定年後のセカンドキャリアとして活動も見据えられる資格です。

男女関係なくできる仕事です。

また、独立行政法人労働政策研究・研修機構 「キャリアコンサルタント登録者の活動状況等に関する調査」報告書(平成29年度)の調査では、国家資格キャリアコンサルタントの登録者の年齢構成を見ると50代が最も多くなっています。

このブログでは、アラフィフや50代の方々がキャリアコンサルタント資格を取得する意義や具体的なステップ、そして資格取得後の可能性について深堀りしていきます。

未来への可能性を探し、新たなスタートを切るための参考になれば幸いです。

未来への一歩を踏み出す準備はできましたか?

あなたの経験と情熱を活かして、新しいキャリアの舞台を築く旅が待っています。

スポンサーリンク

アラフィフや50代の方々がキャリアコンサルタント資格を取得する意義

「アラフィフや50代ともなると、新たなキャリアを作り上げるのは難しいのでは?」と思われる方もいるかもしれませんが、実はその逆です。

50代からのキャリアコンサルタント資格取得には、驚くべき意義と可能性が秘められています。

その意義となぜキャリアコンサルタント資格が未来への突破口となるのかをご紹介します。

豊富な経験を活かした新たなキャリア展開

年齢を重ねるごとに蓄積された経験や知識は、貴重な財産です。

キャリアコンサルタント資格を取得することで、これまでの経験を生かした新たなキャリア展開が可能となります。

これから就職や転職をしようとする方、キャリアップを模索している方などに価値あるアドバイスを提供し、その成果を享受することで、自身のキャリアに新たな充実感を見出すことができるでしょう。

パーソナルブランドの構築

自身の経験と専門知識を基にしたキャリアコンサルティングは、あなたのパーソナルブランドを確立する良い機会です。

信頼性と専門性を示すことで、他の方々からの信頼を得やすくなり、その結果、クライアントや受講生の獲得が期待できます。

就職・転職支援だけでない多彩な活動可能性

キャリアコンサルタント資格を持つことで、就職・転職支援だけでなく、セミナー講師やコンサルタントとしての活動も可能です。

自身のスケジュールやライフプランに合わせて、副業としてのキャリア構築や定年後の新たな仕事ととしてもおススメの資格です。

自己成長の促進

キャリアコンサルタント資格取得には学習と成長が伴います。

新たな知識やスキルの習得は、自己成長につながります。

自分自身をより深く理解し、他人をサポートする過程で、新たな洞察や視点を得ることでしょう。

アラフィフや50代の方々がキャリアコンサルタント資格を取得することは、未来をより豊かにする一歩です。

経験と知識を活かし、新たな人生の舞台へ踏み出しましょう。

「国家資格キャリアコンサルタント」とは

「キャリアコンサルタント」とは、キャリア形成や職業能力開発などに関する相談・助言(キャリアコンサルティング)を行う専門家として、平成28年4月より、職業能力開発促進法に規定された国家資格です。

管轄は厚生労働省です。

「キャリアコンサルタント」は法律上の守秘義務・信用失墜行為の禁止義務が課されている名称独占資格(※)です。

※名称独占資格:栄養士、保育士、保健師、作業療法士など、資格を持っている人だけが、その名称を名乗ることができる資格。まぎらわしい名称を用いることも禁止されている。

キャリアコンサルタント資格取得するには

キャリアコンサルタント資格取得の流れ
  • Step1
    養成講習の受講※1

    厚生労働大臣認定の養成講習を受講
    講習時間:合計140時間
    専門実践教育訓練給付金(給付割合最高7割※2)の対象となる講座もあり※3


    ※1 キャリアコンサルティングの実務経験が3年以上ある方は、養成講習を受講せずに国家試験を受験することが可能
    ※2 平成29年12日31日以前に受講を開始した方については、給付割合は最高6割
    ※3 専門実践教育訓練給付金の受給に当たっては、最寄りのハローワークまで

  • Step2
    国家試験の受験

    学科試験:キャリアコンサルティングに必要な知識について、四肢択一の
    マークシート方式で出題

    面接試験:受験者がキャリアコンサルタント役となり、キャリアコンサルティングを行う15分間のロールプレイなど

  • Step3
    キャリアコンサルタントの登録

    国家試験合格後、キャリアコンサルタント名簿に登録することが必要

キャリアコンサルタント試験は、厚生労働大臣が登録した次の登録試験機関が行っています(平成28年4月1日現在2機関)。

キャリアコンサルタントの活動の場所

企業内

企業の中では、従業員のキャリア形成支援者として、従業員のキャリアプランを明確にし、そのために必要な知識・資格の習得や仕事の選択を行うことを支援することができます。

また、従業員と会社との架け橋となることもできるでしょう。

大学・行政機関・人材紹介・人材派遣・再就職支援業界など

大学のキャリアセンター・ハローワーク・人材紹介会社・人材派遣会社などで、これから就職する方、再就職のために効果的な自己分析の方法、エントリーシートの作成支援、面接の指導等のキャリアコンサルティングなどを行うことができます。

副業や退職後のセカンドキャリアとして

資格や経験などを活かして独立開業も夢ではありません。

また、開業はハードルが高い、本業がある方は、これから就職する学生や再就職を希望する方、キャリアアップをしたい方などに向けてのアドバイスなどをブログなどで発信することも可能です。

キャリアコンサルタント資格取得者と資格取得前に事前相談をしてみよう

国家資格キャリアコンサルタントに興味をもったら、資格取得者と直接話をしてみましょう。

仕事や家庭を持ちながら資格取得の学習をすることは大変です。

「本当に合格できるのか」「勉強方法はどうしたらよいのか」「本当に資格を活かして仕事ができるのか」「副業や開業するにはどのようにしたらよいのか」など、不安や疑問もあるでしょう。

また、一人だと漠然と思いを巡らすだけになってしまい目標設定が定まりません。

解決策として、実際にキャリコンサルタント資格に合格した方と話すのが一番です。

ですが、なかなかキャリアコンサルタント資格取得者(ホルダー)と直接話す場がありません。

キャリコレでは、キャリコンサルタント資格取得者(ホルダー)と無料で相談することができます。

直接、自分が不安に思っていることや「なぜ、資格をとるのか」「資格をとったらどうする」など、資格取得者と話すことで頭の中が整理されます。

資格を取る前に現役のキャリアコンサルタント資格取得者(ホルダー)に直接相談して不安を解消したり、目標設定を明確にしてみましょう。

~ランキング参加しています~
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
学び
ねこおばさんをフォローする
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました